ゴルファーの飛距離UP特化型パーソナルトレーニングジムベンティゴルフフィットネス
名古屋市東区相生町78主税ビル3A(301)
 052-908-8311
「スイング中に意識してみて下さい」足の裏の筋肉! – Venty Golf Fitness

こんにちは!Venty Golf Fitnessです⛳️

日頃から身体を変えたり動作を分析したりすることが仕事である私が、ゴルフスイングをトレーナー目線で分析するのですが、色々と見えてくるものがあるんです💭

今回はその中でも、「足の裏」の動き方、使い方という視点でゴルフスイングを見た時に、どのような使い方をすると効率の良いスイングになるかをお話させて頂きます!

まず、足の裏の筋肉とは足底筋と呼ばれ、足の裏だけでもたくさんの筋肉が存在します。

足の裏というのは、ゴルフスイングの中で唯一、地面と接触している部分で人間は足の裏からいろんな情報を得て生活をしています。

ゴルフ場の傾斜や芝の長さなど、踏むだけでも情報を得ることができますよね。

ですが、足底筋を使えていない人が多く、これは現代のシューズの発達によるものと考えられます。

昔の人は足袋を履いたり、裸足で生活していたので足底筋が強いと言われていますが、現代のクッション性のあるシューズが足底筋を使わなくても楽に生活できるようにしてしまっているのです。

話を戻しますが、ゴルフスイングにおいて足底筋を使った場合と使わなかった場合はどう違うのでしょうか?

今回はその2点の違いをインスタグラムにアップさせて頂きましたのでそちらをご覧ください!

具体的に、足底筋を鍛える為にはどうすればいいのか?気になる方はぜひ、ご連絡いただけましたらお答えします!

そして、足底筋を意識してプッシュプルを行った場合と、足底筋を使わない状態(指を浮かせた状態)でのKeiserのファンクショナルトレーナーでのパワー値の違いを別の投稿で上げているのでそちらもご覧ください!